山好き的日々@京都北山

kitayamawa.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 07月 31日

遙かなる山-トムラウシ

 トムラウシ-アイヌ語の響きが奥深い山を連想させる、大雪山系の最深部に位置する百名山のひとつ。この山には、お花畑や大小の湖沼が点在し、雲上の楽園とも呼ばれているだけに、是非とも自分の足で登り、目で見てみたいという思いに駆られていました。

 ところが、今年7/16、このトムラウシで夏山としては最大の遭難事故が起こりました。登山ツアー客ら9名もの死者を出すという惨事でした。そんな事故の起こった直後に行くのはちょっとためらいもしましたが、コースはトムラウシ温泉からの往復の日帰りとし、天候を見極めながらの登山としました。運良く、当日は朝から快晴で青空が広がり、トムラウシ登山にはもってこいの天気に恵まれました。

 「トムラウシを眺めて初めて打たれたのは十勝岳からであった。美瑛富士の頂上から北を見ると、尾根の長いオプタテシケの彼方に、ひときわ高く、荒々しい岩峰を牛の角のようにもたげたダイナミックな山がある。それがトムラウシであった。それは私の心を強く捕らえた。あれに登らねばならぬ。私はそう決心した。」

 「あちこちに雪の溶けた池があり、その原が果てしなく拡がっている。その雄大、この開豁、こんなおおらかな風景は内地では求められない。」(深田久弥「日本百名山」から)

e0110500_18185295.jpg
 トムラウシ公園手前の展望地からトムラウシ山を望む



<登山前日>
 7/30 関空から、空路、とかち帯広空港に飛びました。ちょうどお昼過ぎだったので、十勝名物の豚丼を食べてみようと思い、レンタカーで空港近くの「かしわ」というレストハウスに向かいました。豚丼とは、甘辛いタレで味付けた豚肉を、ご飯の上に乗せた北海道十勝地方、帯広発祥の料理です。十勝開拓の祖、依田勉三は「開墾のはじめは豚と一つ鍋」と自身の句の中で詠んでいます。まあ、生姜焼きのような大きな豚肉がどんぶりごはんの上に何枚も乗っかっていました。ボリュームがあり、食べ応えがあり、満腹になりました。
e0110500_18404538.jpg
 十勝名物の豚丼(レストハウス「かしわ」で食べたもの)

 昼食後、帯広市内に立ち寄り、ホームセンターでコンロのボンベを調達し、トムラウシ温泉をめざしました。帯広から鹿追、新得、屈足(くったり)を経て、道道718号線(忠別-清水線)を遡り、岩松ダム、十勝ダムを通過すると、舗装がなくなり、あと9㎞ほど砂利道を走ることになりました。2時間半ほどかかって、トムラウシ温泉の国民宿舎「東大雪荘」に到着しました。トムラウシ温泉の宿泊施設は「東大雪荘」しかなく、トムラウシ登山なら、ここに宿泊しなければならなりません。
e0110500_18515557.jpg
 国民宿舎「東大雪荘」の正面玄関

 国民宿舎だから大したことはないと思っていましたが、これが大間違い。建物が新しく、設備も整い、館内も明るくとても清潔感ある温泉宿で、驚くほど安い料金(1泊2食で8550円)でした。この時期は繁忙期だけに、直前になって予約を入れたので無理かなと思っていたら、何とか狭いながらも最後の個室が残っていました(超ラッキー)。おかげで他人を気にすることなく、ぐっすりと寝ることができました。お風呂にで一緒になった大阪からやってきた男性は大部屋しか取れなかったとか。
 山奥にあるのにもかかわらず、清涼飲料水の自動販売機は街中と同じ料金でした。でも、なぜかビールだけはしっかりと高かったです。温泉の方は、直ぐ近くに源泉があり、湧出温度は93.5度という高温ですが、加水せずに 熱交換で湯温を下げて適温にしているとか。ただ、衛生管理のため、塩素系薬剤が投入されていることが残念です。
e0110500_19666.jpg
 トムラウシ温泉の源泉-向こうに東大雪荘の建物が見えています
e0110500_191254100.jpg
 噴泉塔です
e0110500_19131772.jpg

e0110500_19133916.jpg
 噴泉塔の奥にトムラウシ登山口(温泉コース)があります
e0110500_1965267.jpg
 東大雪荘の夕食-レストラン「カムイ」で-この他に山女魚の造り(特別注文1000円)もいただきました

<登山当日>
 午前3時起床。前日にコンビニで買っていたパンを朝食に食べ、東大雪荘から朝食としてもらったおにぎりを昼食にすべく持って行くことにしました。午前3時半レンタカーで東大雪荘を出発し、まだ薄暗い林道を走り、20分で短縮登山口に到着しました。登山口には30台くらいの駐車スペースがあり、立派なバイオトイレもありました。すでに20台くらいの車とツアーのバスが到着していました。15人くらいのツアー登山者がいたので、これより先に出発すべく、ちょうど午前4時に登山口を発ちました。
e0110500_23162254.jpg

e0110500_2250464.jpg
 短縮登山口にあるバイオトイレ-ツアー登山のバスが停車しています
e0110500_22505773.jpg
 登山口-ここから歩き始めます

 しばらくはシラカンバなどの樹林帯の中を進みます。15分ほどで温泉コース(トムラウシ温泉から登ってくる登山道)と合流します。この温泉コースと比べると短縮コースは1時間半ほど短くなっています。尾根に出てから急登になり、やがて石や木材で整備された道になってきます。このあたりは、緩急を繰り返しながらの登りですが、ピッチよく登っていくことができます。
e0110500_237688.jpg
 シラカンバの林立する樹林帯の中を進みます
e0110500_1212446.jpg
 温泉コースからの登山道と合流します
e0110500_2382858.jpg
 尾根に出て進みます
e0110500_2384653.jpg

e0110500_239683.jpg
 整備されて真新しい石積みの道
e0110500_2393447.jpg
 木材で階段が作られている

 やがてカムイ天上分岐にやってきました。ここには標柱だけあり、眺望はありません。ここから少し進んだところに旧道分岐点がありました。以前は、ここから右手にカムイサンケイナイ川に下り、遡行していたそうですが、増水時に事故が多発したことから、数年前から新道が作られ、旧道は立入禁止になっています。新道はササが刈り払われた道になって歩きやすいのですが、所々ぬかるみがあり、難儀しました。間もなく、左手方向に展望が開け、雲海が向こうに山々が見えてきました。これが十勝連峰です。左から円錐形の形のよい下ホロカメットク山、境山、上ホロカメットク山、十勝岳、美瑛岳と並んでいます。
e0110500_2310813.jpg
 カムイ天上
e0110500_23194786.jpg
 新道分岐(旧道は立入禁止になっています)
e0110500_23351834.jpg
 雲海に浮かぶ山が見えてきました
e0110500_23355043.jpg
 左から円錐形の形のよい下ホロカメットク山、境山、上ホロカメットク山、十勝岳、美瑛岳と並んでいます
e0110500_23363332.jpg
 十勝岳(左)と美瑛岳のアップ

 新道は一旦下ったかと思うと再び登りとなり、山腹をトラバースして行くと、前方に初めてトムラウシの姿が見えてきました。右には前トムラウシも見えています。途中、小さなお花畑を横切ると、やがて急降下の道となってきました。ここがコマドリ沢へのジグザグ下りです。コマドリ沢まで下ると、その右岸に沿って遡ります。やがて、コマドリ沢分岐の標柱があり、ここで渡渉して雪渓の残る沢筋の道を登って行くことになります。
e0110500_23493471.jpg
 ササの刈り込まれた道をトラバースして行きます
e0110500_2350687.jpg
 正面に初めてトムラウシの姿が見えてきました
e0110500_23503742.jpg
 右手には前トムラウシが見えています
e0110500_2351182.jpg
 お花畑を通過します
e0110500_23512241.jpg
 コマドリ沢にあったサンカヨウの花-夜露に濡れて半透明になっています
e0110500_235288.jpg
 コマドリ沢を渡渉する地点です
e0110500_23523766.jpg
 コマドリ沢分岐点

 雪渓の残る沢筋の道を登ると、右手にエゾコザクラの群生があり、目を楽しませてくれます。左岸伝いに登っていくと、ハクサンイチゲ、カラマツソウ、ウコンウツギなどの花が出迎えてくれます。やがて、ごつごつした岩礫帯に出てきますが、ペンキの印に従って登っていきます。ハイマツの中の登山道の脇にはチシマギキョウやイワブクロなどの高山植物がお花畑を作っています。
e0110500_010224.jpg
 雪渓の残るコマドリ沢の源頭部を登ります
e0110500_0105121.jpg
 エゾコザクラの群生があります
e0110500_0112539.jpg

e0110500_0114225.jpg

e0110500_0115511.jpg
 ハクサンイチゲの花
e0110500_0122124.jpg
 カラマツソウの花
e0110500_0124029.jpg
 岩礫帯の中をトラバースしていきます
e0110500_0132978.jpg
 チシマギキョウの群生
e0110500_0154974.jpg
 イワブクロの花
e0110500_0134938.jpg
 岩礫の中の登りが続きます

 岩礫の道を登り切ると平坦地に出てきました。ここが前トム平と呼ばれるところです。先の遭難事故では、ここで3人の登山者が死亡しています。しかし、今日は天気がよく、周囲にはお花畑が広がっていました。前方にはトムラウシが佇立しており、右手には前トムラウシがあります。左手には十勝連峰の山々の姿が見えています。
e0110500_023488.jpg
 前トム平-前方に見えるのがトムラウシ
e0110500_024414.jpg
 奥に十勝連峰が見えています
e0110500_0252280.jpg
 振り返ると雲海があります
e0110500_0265452.jpg
 タカネオミナエシが咲いています

 前トム平からは、ハイマツの中を縫うように緩やかに登っていきます。やがて、ケルンとスレート状の岩が林立している尾根の上に出てきました。ここから左手に緩やかに下っていくと、今度は右手にごつごつした露岩を登っていきます。すると、一段高くなった所に出て、眼前にトムラウシの姿が迫ってきます。また、眼下には奇岩と大小の池塘があるトムラウシ公園が見えています。この展望地からしばしトムラウシを眺めていると、何やらガサガサと音がしました。振り返ると、シマリスがいるではありませんか。
e0110500_15019.jpg
 前トム平からハイマツの中を登ります
e0110500_153995.jpg
 ケルンのある尾根に出てきました
e0110500_162511.jpg
 ケルンから振り返っています
e0110500_165141.jpg

e0110500_17840.jpg

e0110500_172798.jpg

e0110500_174197.jpg

e0110500_175328.jpg
 十勝連峰の山並みが見えています
e0110500_182220.jpg
 露岩帯を登っていきます
e0110500_193179.jpg
 展望地にやってくるとトムラウシが目の前に迫ってきます
e0110500_1114134.jpg
 眼下には大小多数の池塘と奇岩があるトムラウシ公園が見えます
e0110500_1122963.jpg
 シマリスがいました
e0110500_1125543.jpg


 展望地からは一旦下りとなり、トムラウシ公園まで下っていきます。巨岩・奇岩があり、ハイマツと折り重なる登山道を下ると、トムラウシ公園に下り立ちました。ここは、奇岩・巨岩と大小多数の池塘の縁を高山植物が織りなしている、何とも不思議な場所でした。
e0110500_1183112.jpg
 正面にトムラウシを見ながら下ります
e0110500_1185493.jpg
 トムラウシ公園が見えてきました
e0110500_1192224.jpg
 トムラウシ公園の入口です
e0110500_1195034.jpg
 トムラウシ公園内のお花畑
e0110500_1202073.jpg
 チングルマ
e0110500_120381.jpg
 エゾコザクラ
e0110500_121552.jpg
 イワイチョウ
e0110500_1212379.jpg
 エゾノツガザクラ
e0110500_1231448.jpg
 ミヤマキンバイ
e0110500_12417.jpg
 エゾノマルバシモツケ
e0110500_1244885.jpg
 トカチフウロ
e0110500_1295100.jpg
 キバナシャクナゲ

 トムラウシ公園を抜けると、山腹に取り付き、高度を上げていきます。振り返ると、トムラウシ公園が眼下に見えています。ガレ地の登山道を進むと、少し時期が遅いコマクサが咲いていました。やがて、南沼野営地との分岐(トムラウシ分岐)にやってきました。ここでは、右手にとり、トムラウシ山頂をめざします。火山礫の岩の急斜面が続きますが、そう長くはなく、20分程度頑張るとトムラウシ山頂に着きました。
e0110500_1432746.jpg
 振り返るとトムラウシ公園が眼下に見えます
e0110500_144586.jpg
 緩やかな登山道を上っていきます
e0110500_1443664.jpg
 盛りを過ぎたコマクサ
e0110500_1452227.jpg

e0110500_1453645.jpg

e0110500_1455314.jpg
 
e0110500_1461557.jpg
 トムラウシ分岐
e0110500_1465230.jpg
 トムラウシ直下の急登です
e0110500_1472099.jpg
 振り返ると、向こうに見える十勝連峰に雲がかかってきました(手前に見えるのは南沼)
e0110500_1483797.jpg
 トムラウシ山頂に到着しました-一等三角点があります(点名:富良牛山、標高:2141.19m、設置:明治37年8月8日)
e0110500_1491766.jpg
 北には、旭岳(左)などの大雪山系の山並みが見えます
e0110500_1512418.jpg
 十勝岳には雲がかかってしまいました
e0110500_1515143.jpg


 トムラウシ山頂には10人くらいの登山者がいました。中でもこのトムラウシで百名山99座目という方がおられました。最後は幌尻岳だと。30分ほど360度パノラマの眺望を満喫し、北沼まで下りて昼食とすることにしました。トムラウシの山頂は溶岩の礫石の集合であり、北に下るのも、岩礫の上を歩いて下りることになります。山頂からは隠れて見えなかった北沼が次第に見えてきました。濃い青をした水面を静かに湛えているようです。トムラウシ山頂をトラバースする北沼分岐まで下りました。ここで4名の登山者が亡くなられたのだと思うと、お気の毒な思いが込み上げてきました。線香を焚いた跡が残されていました。
e0110500_1114736.jpg
 山頂から岩礫の上を下ると、隠れていた北沼が姿を現しました
e0110500_1115938.jpg
 岩礫の下りです
e0110500_11153226.jpg
 北沼分岐までもうすぐです
e0110500_1116869.jpg
 北沼の全景です
e0110500_11172426.jpg
 北沼からヒサゴ沼に続く登山道が見えます
e0110500_1118966.jpg
 北沼分岐点の標柱
e0110500_11183624.jpg
 振り返るとトムラウシの山頂が見えています
e0110500_1119457.jpg
 このあたりで遭難されたのでしょうか(線香の焚かれた跡がありました)
e0110500_11195662.jpg
 北沼の周辺の景色

 北沼分岐点から少し沼の周囲を回ったところにお花畑が広がっていました。分岐点から眺めていると、緑の中にピンクが目立っているので、すぐにエゾコザクラの群生だとわかりました。これは行ってみなければならないですね。エゾコザクラ、チングルマ、ミヤマキンバイ、エゾノツガザクラ、キバナシャクナゲなどたくさんの花が短い夏を楽しむように競い合って咲いていました。
e0110500_11275733.jpg
 沼畔にはお花畑が広がっていました
e0110500_11293596.jpg
 エゾコザクラの群生
e0110500_11302271.jpg
 チングルマの群生
e0110500_11311178.jpg
 ミヤマキンバイ
e0110500_11313582.jpg
 キバナシャクナゲ
e0110500_11315891.jpg
 イワギキョウ
e0110500_11321567.jpg
 ミヤマリンドウ
e0110500_11325779.jpg
 ウスユキトウヒレン
e0110500_1133591.jpg
 エゾミヤマクワガタ
e0110500_11343412.jpg
 ヨツバシオガマ

 さて昼食を済ませた後は戻ります。帰りは、トムラウシ山頂の西側をトラバースする道があるので、これを通って南沼野営地まで行きます。北沼のほとりを進むと、沼にはまだ雪渓が残っていて、その上を通過して行きます。右手に小さな沼地があり、その周辺にはやはりたくさんの花が咲いていてお花畑になっていました。30分足らずで南沼分岐(野営地)に着きました。ここから十勝岳方面に少し行くと南沼ですが、今回はパスすることにしました。
e0110500_11421858.jpg
 北沼の畔にはまだ雪渓がこんなに残っています
e0110500_11425571.jpg

e0110500_11431777.jpg
 エゾミヤマクワガタの群生
e0110500_11434079.jpg
 小さな沼があります
e0110500_1144762.jpg
 バイケイソウも咲いていました
e0110500_11442856.jpg

e0110500_11471137.jpg
 イワイチョウの群生
e0110500_11444734.jpg
 南沼野営地(南沼分岐)にやってきました

 あとは、往路をそのままピストンすることになります。途中で大きなザックを担いだ若者がやってきたので、尋ねてみると、あとにも3、4人いて、遭難事故の取材でカメラなどの機材を運んでいるとか。どう見ても40㎏くらいはあるようで、私には到底できないボッカです。以下、復路の主な風景を掲載します。
e0110500_1202566.jpg
 トムラウシ公園を見下ろすところです
e0110500_121379.jpg
 トムラウシ公園を通過しています
e0110500_1213044.jpg
 前トム平の手前の尾根(ケルンのあるところ)
e0110500_1221546.jpg
 正面にある平坦地が前トム平
e0110500_1224582.jpg
 前トム平からコマドリ沢に下ります
e0110500_1232263.jpg

e0110500_1233677.jpg
 ウコンウツギが咲いています
e0110500_124196.jpg
 エゾノハクサンイチゲ
e0110500_1244893.jpg
 雪渓の上を滑るように下りました
e0110500_1253281.jpg
 チシマノキンバイソウ-シナノキンバイとよく似ている(コマドリ沢分岐点付近にて)
e0110500_128334.jpg
 ミヤマキンポウゲ
e0110500_1282990.jpg
 コマドリ沢からの急登(往路ではジグザグの急降下が復路では最後の頑張りどころになっています)
e0110500_1293945.jpg
 ササの切り開かれた新道
e0110500_12101189.jpg
 カムイ天上まで戻ってきました
e0110500_12103858.jpg
 温泉コースとの分岐点
e0110500_1211129.jpg

e0110500_12202432.jpg

e0110500_12185186.jpg


<コースタイム>090731晴れ
400トムラウシ登山口 415温泉コース分岐 445カムイ天上分岐 550コマドリ沢分岐 640前トム平650 830トムラウシ分岐 900トムラウシ930 1000北沼(昼食)1100 南沼分岐1125 1215前トム平 1240コマドリ沢分岐 1340カムイ天上分岐 1420温泉コース分岐 1430トムラウシ登山口


by kitayama-walk | 2009-07-31 23:50 | 日本百名山 | Comments(10)
Commented by 温泉玉子 at 2009-08-13 20:02 x
北の大地へ行ったのはもう5年前、その5年程前に北海道へ行った時にトムラウシ温泉(無料の露天風呂)へ行きました。

当時は北海道の山へ登るなど考えも及ばず、遭難事故でトムラウシ山が注目されて広大な山域で晴れたら絶景なら行ってみたくもなりますね。
ただ北海道は広いので登山は勿論、バイクでも車でもトラぶると怖いです。
Commented by じんじん at 2009-08-14 13:10 x
利尻に続き北海道遠征は羨ましい限りです
2005年に登った白雲岳からトムラウシを見て登ってみたいと
思っているのですが、なかなか実現できません
北沼周辺のお花畑は見事ですね この目で見てみたいです
トムラウシは奥深い山なので日帰りは無理と思っていましたが
このルートがあるんですね とても参考になりました
やっぱ山は天気が一番ですね
今日から盆休みを利用して鹿島槍に行ってきます!
Commented by Chika at 2009-08-16 20:06 x
今朝、岩ゴロ道を下山してきたばかりなので、こんな岩々道の写真をみるとフラッシュバックで膝がガクガクしますー^^;
珍しいお花がいっぱい~!
よくこれだけ丁寧に撮影されて、、ほんと感心しますー。。
ワタシは今回歩くのに必死で、ほとんどお花は映せず。しゃがむ余裕がありませんでした。。(涙
さて、次レポはウニ・豚丼・山女魚に続き、どんな美味しいモノが登場するのでしょう~♪ワクワク♪♪
Commented by kitayama-walk at 2009-08-17 23:30 x
 温泉玉子さん、こんばんは。
 早速のコメントありがとうございました。
 私も北海道には何度か行ったことがありましたが、登山目的は今年が
初めてのことでした。たまたま、トムラウシの遭難事故があったことから
ちょっとためらったのですが、天気もよさそうだし、「えい言ってしまえ」と
いうことになりました。天気にも恵まれたことは幸運でした。もともと、トム
ラウシについては、今回の遭難事故の前から是非とも登ってみたいと思
っていました。深田久弥ではないけれど、「トムラウシに登らねばならぬ」
と密かに考えていました。
Commented by kitayama-walk at 2009-08-17 23:34 x
 じんじんさん、こんばんは。
 トムラウシは縦走の山というイメージが強いのですが、百名山のガイド
ブックでは、ほとんどトムラウシ温泉からの日帰りピストンコースの紹介
になっています。それでも8~9時間ほどもかかりますので、やはり健脚
な人でないと登れない山ですね。だからこそ美しい自然が残っていて、登
山者を魅了して止まないのでしょうね。
Commented by kitayama-walk at 2009-08-17 23:40 x
 chikaさん、こんばんは。
 天気がよければ風景に、天気が悪ければ花に、それぞれ焦点が当てら
れ、写真撮影をしています。写真は、登山記録のために(どんなところを
歩いたのか)撮っていますが、花の写真もたくさん撮るようにしています。
だいたい1日に300~500枚くらい撮っています。これもデジカメだから
こそできるのですね。下手な鉄砲も数撃ちゃ当たると言うところでしょうか。
Commented by さなりん at 2009-08-18 00:56 x
「かしわ」の豚丼、ボリュームがあって、美味しそうですね。かしわと言う名前なので、最初、鶏肉かと思いました。(笑)
東大雪荘の1泊2食で8550円は、安いですね。露天風呂もあり、登山前の身体の調子を整えてくれそうです。
4時前には、もう、沢山の登山者がいるのですね。ピストンで8~9時間を要するとなると、少しでも早く登った方がいいですものね。
山の風景は、どこも素晴らしいですね。花も綺麗です。
北海道ですね~♪ほんと、羨ましいです。
Commented by kitayama-walk at 2009-08-19 01:14 x
 さなりんさん、こんばんは。
 関西では「かしわ」=鶏肉なんですね。だから、豚肉なのにどうして?と
なるのでしょうね。東大雪荘は国民宿舎だからこそ安価になっています。
なのに設備がGOODなんですね。トムラウシに登るなら、ここに泊まるし
かありませんよ。
 北海道は、緯度と経度の関係で関西よりも1時間は早く明るくなります
ね。だから、早出ができます。北海道の山はまだたくさんありますので、
来年くらいには、羅臼岳、斜里岳、雌阿寒岳に登山してみたいものです。
Commented by 三太夫 at 2009-08-26 16:47 x
 kitayama-walk さん、こんばんは。
 素晴らしいレポートを拝読しました。正に渾身の力作だと感心しました。
 これをみて、来年こそは北海道の山に挑戦したいとのおもいは募るばかりです。でも、この山も長距離なので、私たちの体力ならびに脚力で歩くことができるか否かという別の心配が生じてきます。これは刻めば何とかなるの精神で克服したいとおもっております。
Commented by kitayama-walk at 2009-08-28 15:40
 三太夫さん、こんにちは。
 トムラウシは素晴らしいところでした。確かに体力が必要ですが、トムラ
ウシ温泉からの往復であれば日帰りも可能です。もし、日帰りもしんどい
というのであれば、山頂直下の南沼にテント場がありますので、1泊する
のもよいでしょう。あるいは、天人峡温泉(化雲岳登山口)から化雲岳に
登り、ヒサゴ沼避難小屋(あるいはテント場)で1泊し、翌日トムラウシに
登ってトムラウシ温泉に下るという方法もありますね。いずれにしても、天
候が決め手になりますので、十分注意が必要です。


<< 生きている火山-十勝岳      利尻富士に登る(2日目) >>