山好き的日々@京都北山

kitayamawa.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 07月 18日

利尻富士に登る(2日目)

 利尻島2日目は、いよいよ利尻岳に登山する日です。事前の天気予報では雨でしたが、島の人に聞くと、天気予報はあまり当てにならないとか。私たちが利尻に来る前は予報は晴れだったのですが、実際には雨模様だったそうです。

 お宿「マルゼン」では、午前3時半から鴛泊登山口になっている北麓野営場まで登山客をピストン送迎することになっていました。この日、マルゼンの宿泊客の中で約30名が利尻岳登山予定でした。翌朝が早いので、あまり夜更かしはできず、ビールをたくさん飲んで、午後9時すぎに早々に寝ることにしました。
e0110500_13313363.jpg
 8合目(長官山)から利尻岳山頂を眺める



 現在、利尻岳への登山コースは、鴛泊コースと沓形コースの2つだけになっています。標準コースタイムはどちらも5時間半なので大差はありませんが、沓形コースは三眺山から先の登山道が一部崩落していて危険箇所があることから、地元では鴛泊コースのピストンを奨励しています。ということで、私たちも鴛泊コースを往復することにしました。
e0110500_13591157.jpg


 午前3時、目が覚めました。登山客たちが次々を起き始めており、身支度を整えていました。あたりはまだ薄暗く、天気はまだよくわかりません。経度の関係で夜明けが早く、この時期の日の出は午前4時頃でした。午前3時半、マルゼンのワゴン車で出発し、5分ほどで北麓野営場(標高205m)に到着しました。ここのトイレが最後のトイレになっていて、あとは携帯トイレ(400円)を持参し、自分のものは持ち帰ることになっています。ここでトイレをしっかりしておきました。
e0110500_14165358.jpg
 北麓野営場の入口まで送迎してもらえます
e0110500_141787.jpg

e0110500_14191291.jpg


 北麓野営場の標高は205mですから、利尻岳北峰山頂(1719m)までの標高差は1500mを超えることになります。午前3時50分、その横からアスファルト舗装の道を歩き始めました。甘露泉水(最後の水場)までの距離を示す標識がいくつもありました。10分ほど歩くと、舗装道路から山道に入り、すぐに最初で最後の水場となっている甘露泉水(名水百選)に到着しました。まだ水は十分あるので、下山時に味わうこととし、そのまま通過しました。
e0110500_1474036.jpg
 舗装道路から歩き始めます
e0110500_14173976.jpg
 名水百選の甘露泉水
e0110500_14185022.jpg
 甘露泉水は登山道の三合目にあたります

 甘露泉水のある三合目あたり、エゾマツやトドマツの針葉樹林が広がっています。甘露泉水から右手に少し進むと、ポン山・姫沼分岐を左に分け、さらに進むと乙女橋があり、これを渡ると、本格的な登山道になってきます。このところ降り続いていた雨のため、地面がぬかるんでおり、歩きにくい。やがて四合目(380m)にやってくると、「野鳥の森」と名付けられているとおり、小鳥のさえずりなども聞こえてきました。
e0110500_14581437.jpg
 ポン山・姫沼分岐を左に分けます
e0110500_14593261.jpg

e0110500_15139.jpg
 四合目は野鳥の森になっていました

 四合目を過ぎると、針葉樹林の高木がなくなり、ダケカンバやミヤマハンノキなどの低灌木に植生が変わってきました。ダケカンバは枝が少し横に広がっていますが、これは積雪によるためと言われています。やがて五合目(521m)にやってくると、右手に初めて眺望が見えてきました。さらに灌木の中の登山道を緩やかに登っていくと、第一見晴台と呼ばれる六合目(707m)に到着しました。ここでは、礼文水道をはさんで、雲がかかっている礼文島が眼下に見えていました。
e0110500_1522232.jpg
 少し掘れたような登山道
e0110500_15224641.jpg
 植生がダケカンバなどの低灌木に変わってきました
e0110500_15231796.jpg
 少しだけ眺望が出て来た五合目(ここまで1時間かかりました)
e0110500_1524279.jpg
 五合目から六合目に向かいます
e0110500_15253871.jpg
 第一見晴台と呼ばれる六合目です(まだ山頂は見えてきません)
e0110500_152787.jpg
 礼文水道を隔てて礼文島(雲がかかっています)が見えています
e0110500_15281794.jpg
 振り返ると、鴛泊ポン山(444m)と小ポン山(413m)、その向こうにペシ岬が見えます
e0110500_15391415.jpg

e0110500_15292778.jpg
 少し青空が出てきて、太陽の光も漏れてきました

 六合目までやってくると、すでに昇っていた太陽が雲間から見えるようになり、これから晴れてくることがわかりました。樹林帯のない第一見晴台に出てくると、風がほとんどないことに気づきました。晴れていて風もない、登山にもってこいの日和になることを期待しました。第一見晴台の少し上に最初の携帯トイレブースがあり、ここを通過すると、登山道が傾斜を増してきて、しかもジグザグを切って登るようになり、露岩になってくると、七曲と呼ばれる七合目(926m)にやってきました。
e0110500_15424011.jpg
 七合目(七曲)までやってきました
e0110500_1544024.jpg
 七合目からの眺望

 七合目までは比較的楽に登ってくることができました。合目の区間もそんなに長く感じませんでした。しかし、七合目から先は合目の区間が長くなってきました。ハイマツが現れるようになってくると、露岩のある急斜面が出てきます。ここを登り切ると、展望地に出てきましたが、ここが八合目かと勘違いするような場所です。ここは、ニセ八合目とか第二見晴台とか呼ばれているところでした。もちろん、眺望がいいのですが、目の前に八合目が見えているので、休むことなくひと登りすると、長官山(1218m)に到達しました。
e0110500_1761465.jpg
 ニセ八合目(第二見晴台)からの眺望
e0110500_176424.jpg
 岩場にイワギキョウが咲いていました
e0110500_177154.jpg
 長官山(八合目)まであとひと登りです

 長官山には、大きな石碑があり、長官山の命名の由来が書いてあるようです。何でも、昭和8年6月、当時の北海道庁長官がこの八合目まで登って来たことから命名されているようです。ここにやってきて、初めて利尻岳の山頂が見えるようになりますが、圧倒的な迫力をもって目の前にそびえ立っていました。ここの標高が1218mですから、山頂まではまだ500mも登らねばなりません。
e0110500_17225899.jpg
 長官山の石碑と利尻岳の山頂
e0110500_17292890.jpg
 鴛泊港が見えています
e0110500_17331061.jpg
 こちらは沓形港です
e0110500_17333781.jpg


 長官山からは、登山道が尾根に沿って延びていて、ここから山頂までたくさんの花が咲いているのを見ることができました。まず少し登ると小ピーク(1250m)があり、ここから一旦鞍部に下っていきます。鞍部には利尻避難小屋と2つ目の携帯トイレブースがあります。
e0110500_17403743.jpg
 小ピークからの眺望-前方に避難小屋が見えています
e0110500_17384961.jpg
 鞍部にある利尻避難小屋
e0110500_2247971.jpg
 エゾゼンテイカ(ニッコウキスゲの一種)
e0110500_2058722.jpg
 シュムシュノコギリソウ(占守鋸草)
e0110500_22443142.jpg
 イブキトラノオ(伊吹虎尾)
e0110500_2143127.jpg
 オオハナウド(大花独活)
e0110500_2155083.jpg
 エゾノシシウド(蝦夷猪独活)

 避難小屋を過ぎると、一旦左手の笹原の道を回り込み、稜線に出てから、ガレた道の急登になってきました。このあたりから、チシマフウロ、ミヤマアズマギクなどの高山植物がさらに増えてきました。浮き石などもあって、登りにくいところです。いつの間にか、砂礫から火山礫に変わっており、利尻岳が火山活動をしていたことを知らせてくれます。
e0110500_21152452.jpg
 笹原の道を回り込んで稜線に出ます
e0110500_21172242.jpg
 ガレた急登になっています
e0110500_21175223.jpg
 ミソガワソウ(味噌川草)
e0110500_212322100.jpg
 エゾノマルバシモツケ(蝦夷円葉下野)
e0110500_2125444.jpg
 チシマフウロ(千島風露)
e0110500_22381175.jpg
 ウコンウツギ(鬱金空木)
e0110500_22431177.jpg
 エゾシシウド(蝦夷猪独活)
e0110500_2245261.jpg
 ハイオトギリ(這弟切)

 九合目(1407m)にやってくると、小さな広場になっていて、最後の携帯トイレブースがありました。歩き初めて3時間余り、ここで少し休憩を取っていると、山頂から中高年数名のグループが空身で下りてきました。聞くと、夜中の12時半に登り始めたとか。暗い中、ヘッドランプを点けて登り、山頂でご来光を仰いだそうです。それにしても夜中の登山には畏れ入りました。トイレブースの横の標識を見ると、「ここからが正念場」と書いてありました。あと200mなのですが、確かに、ここからが登山道がザレていて、滑ることしきりで、実に登りにくいところになっていました。登山道には補助ロープが取り付けられていました。東側(左手)はお花畑になっていますが、西側(右手)は崩壊していました。しかし、花もさらに増えてきて、慰めながら最後の登りを頑張ることになりました。
e0110500_2134934.jpg
 九合目の小さな広場と携帯トイレブース
e0110500_21343411.jpg
 九合目は、ここからが正念場になっています
e0110500_21352114.jpg

e0110500_21354327.jpg

e0110500_21391727.jpg
 東側はお花畑になっています
e0110500_21393736.jpg
 西側は崩壊してガレています
e0110500_21541717.jpg
 沓形の方向を眺めると、海上には不思議な雲が流れていました

 やがて、沓形コースとの合流点を通過すると、最後の急登になってきます。一段と崩壊が進むザレ地に足が空回りするのですが、一歩ずつしっかりと踏みしめて登ります。礫地の掘れた道を登り切ると、やっと山頂の祠が見えてきました。大山神社の祠のあるところが北峰(1719m)でした。南峰(1721m)の方が若干高いのですが、崩壊が激しいため立ち入り禁止になっていました。
e0110500_21513671.jpg
 沓形コースの分岐が見えてきました
e0110500_21521770.jpg

e0110500_21523131.jpg

e0110500_2152423.jpg
 最後の急登です
e0110500_21531186.jpg
 北峰にある大山神社の祠

 登り始めてちょうど4時間で山頂に着きました。まあまあのペースです。北峰山頂には、数人の登山者がいましたが、次々と登ってきて、20人を超えるくらいになりました。淡いけれど青空が出ており、風もなく、気持ちのよい山頂です。山頂でまず飛び込んでくるのは、南にある屹立したローソク岩です。天を指して突き上げる槍のようなローソク岩は28000年前に噴火したときの「火道」と呼ばれるマグマの通り道です。北峰の頂上はそう広くはありませんが、周辺にはたくさんの花が咲いていたのが印象的でした。祠の裏側(西側)は切れ落ちた絶壁になっているので足がすくんでしまいます。
e0110500_22102380.jpg
 南峰(左)とローソク岩
e0110500_2215991.jpg
 ローソク岩のアップ
e0110500_22201154.jpg
 祠の裏から西側を眺望しています-沓形コースの尾根道が見えています(中央のピークが三眺山)
e0110500_22554146.jpg
 北峰山頂から礼文島を眺めています
e0110500_2222816.jpg
 東側にヤムナイ沢が見えています
e0110500_2228458.jpg
 シコタンソウ(色丹草)
e0110500_222789.jpg
 チシマフウロ(千島風露)
e0110500_22285045.jpg
 バイケイソウ
e0110500_22353550.jpg
 エゾツツジ(蝦夷躑躅)
e0110500_22323564.jpg
 エゾツガザクラ(蝦夷栂桜)
e0110500_22335875.jpg
 イワヒゲ(岩髭)
e0110500_22362344.jpg
 ミヤマアズマギク(深山吾妻菊)
e0110500_22405610.jpg
 コガネギク(黄金菊)
e0110500_2217172.jpg
 ローソク岩とイブキトラノオ

 北峰山頂で早い昼食を摂りながら、1時間半も滞在し、山頂からの眺望とお花畑を楽しみました。午前9時20分下山開始です。下山は、九合目までのザレた急坂に気をつけて下っていきました。登ってくる人ととのすれ違いに十分注意しないとなりません。
e0110500_22513634.jpg
 下山に入ると次第に雲が登ってきました

 下山途中の八合目で休憩しましたが、実はここに一等三角点があったのです。石碑から36.4m東に寄ったところです。見落としてしまい、実に残念です。点の記によると、標高1218.30m、点名:利尻山、選点:明治32年10月10日、選点者:館潔彦となっています。ちなみに、北峰にも二等三角点があるばずですが、今は亡失しているとのことで見つかりませんでした。
e0110500_22523383.jpg
 八合目付近から-姫沼が見えています
e0110500_22531122.jpg
 礼文島にかかっていた雲はすっかりとれています

 下山はさくさくと下り、甘露泉水で喉を潤しました。北麓野営場に着いたのは午後12時20分で、ちょうど3時間かかりました。下山後は、マルゼンさんに迎えにきてもらい、そのまま利尻富士温泉に直行し、汗を流して、生ビール2杯注入しました。ああ、うまい。再びマルゼンさんに迎えにきてもらい、お宿に帰着しました。時刻は午後2時すぎ。お腹が空いてきたので、昨日生ウニ丼を食べた磯焼亭にでかけました。今日は、利尻ラーメンを注文。これが鶏ガラ&とんこつの旨い味。魚介類もたっぷりで、真ん中にとろろ昆布を山なりにのっけて利尻岳をイメージしたとか。もちろん、さらに生2杯注入しました。
e0110500_23212724.jpg
 磯焼亭の店内
e0110500_23215326.jpg
 イチオシの利尻ラーメンはうまかった
e0110500_23223849.jpg
 利尻岳登山記念バッジ
e0110500_23231037.jpg

e0110500_2327075.jpg
 この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである。(承認番号 平20業使 第438号)
e0110500_23271562.jpg
 
e0110500_23233353.jpg
 帰りの飛行機からの眺望-雲の中に浮かんだ利尻岳

<コースタイム>090718晴れ後曇り
350北麓野営場 405三合目(甘露泉水) 410ポン山分岐 430四合目(野鳥の森) 450五合目 515六合目(第一見晴台) 535七合目(七曲) 615八合目(長官山)625 640避難小屋 705九合目 750利尻岳山頂920 1000九合目 1025八合目 1105七合目 1120六合目 1135五合目 1150四合目 1210三合目 1220北麓野営場


by kitayama-walk | 2009-07-18 23:24 | 日本百名山 | Comments(11)
Commented by じんじん at 2009-07-23 20:10 x
利尻岳懐かしく思いながらレポ拝見しました
僕が行ったのは2001年です
マップをみていたら泊まったペンションの名前があったので嬉しかったです
僕は先週末、北燕のコマクサを見に行きました
が、見に行ける状況ではなかったです
初めて経験する稜線での暴風雨 大変でした
しかし、翌日は昨日の嵐が嘘のような快晴となり、常念まで楽しんで歩きました
Commented by kitayama-walk at 2009-07-23 23:38 x
 じんじんさん、こんばんは。
 今夏のメイン・イベントの利尻岳登山は何とか無事に終えることができました。このところ、天候が不順でしたが、運良く、登山のときには晴れて
くれました。お目当てのリシリヒナゲシの花が見つからなかったのが残念でした。

 しかし、7/19の礼文島は雨と風がきつく、トレッキングは中止としました。利尻岳がうまくいった満足感からでしょうね。この日は前線の通過で
全国的に悪天候だったようですね。じんじんさんも苦労されたようですね。翌20日が天気が回復してよかったですね。私も稚内空港から午後
の便で関空に帰ってきましたが、もう天気は上々で機内から利尻岳、羊蹄山などを見ることができました。
Commented by 温泉玉子 at 2009-07-24 20:09 x
利尻岳レポ拝見しました、花が色々咲いていて魅力的ですね。
行きと帰りの写真からも島=山という感じで景色も良さそう。
反面、海からの登りに近く心地良い疲労感が味わえそうですね。
Commented by kitayama-walk at 2009-07-25 01:29 x
 温泉玉子さん、こんばんは。
 利尻山は花の山でしたね。礼文島もそうなんですが、こちらは悪天候のため、花巡りはうまくいきませんでした。まあ、両方ともそううまくはいか
ないものと、メインの利尻岳だけでも晴れてよかったと思っています。

 利尻岳は鴛泊港の海面に手をつけてから登る人がいます。つまり海抜0メートルからの登山ですね。1719mの標高をそのまま登ることになり
ます。同じようなことは、立山マラソンです。富山湾に手をつけてから立山=雄山(3003m)まで登ります。もうヘロヘロになるそうですね。とても
真似できませんが。
Commented by イチマル at 2009-07-26 18:35 x
天気予報が悪かっても好天を引き寄せるkitayama-walk さんの強運には敬服します。ところで、kitayama-walk さんは100名山はいくつくらい登られてますか?確か、宮之浦岳も登られてますよね。
Commented by kitayama-walk at 2009-07-27 01:26
 イチマルさん、こんばんは。
 今回の利尻岳は、天気の面では本当にラッキーでした。やはり運がいいのでしょうね。晴れ男ですかね。

 百名山は、すでに50を超えており、確か52だったかな。まだ、かなりあるのは、関東周辺、東北、北海道といったところですね。宮之浦岳は、
07/11/24に山仲間の百名山完登についていきました。このときも晴れていましたね。山レポに詳細な記録があります。
Commented by Chika at 2009-07-27 10:11 x
でっかいどー!ホッカイドー!です♪ 古っ・・(^^;
八合目からの稜線の美しさはため息もんですね。
また、九合目からは火山らしいワイルドな道!
お花も綺麗でラーメンも美味そうでー。。 
標高差には引きますが、、夢のような山です☆
Commented by kitayama-walk at 2009-07-29 01:14 x
Chikaさん、こんばんは。
 利尻岳は、八合目からがいいのですね。それまでの樹林帯や灌木帯も
よいのですが、やはり見晴らしがなくちゃね。
 九合目からが正念場と書いてありますが、文字どおりです。まさに礫岩
がごろごろしていて火山であることを思い起こさせます。

 生ウニ丼、ラーメンもとってもGOODです。shigeoさんもきっと喜ばれ
ると思います。是非とも機会を見つけて登ってみて下さいね。
Commented by 山たまご。 at 2009-08-02 18:06 x
地球を登って地球を見下ろすような空間ですね。携帯トイレはいいですね。富士山もそうしたらいいのに。ところで下山後の処理はどのようにするのでしょう? 岳人8月号特集記事(P158)で私のホームページが紹介されました。よろしかったら見てください。
Commented by kitayama-walk at 2009-08-03 11:30 x
 山たまごさん、こんにちは。
 利尻のような小さい島で、しかも利尻岳という山が島の大きな部分を
占めるのですから、たくさんの登山者が登ってくると屎尿処理の問題
は大変ですね。利尻登山のマナーとして、携帯トイレ(400円)を持参
することになっています。この携帯トイレは、紙おむつのような水吸収
シートと梱包袋がセットになっています。使用後は登山口になる回収
ボックスに入れればよいことになっています。因みに、私は登山口で
出すべきものをすべてちゃんと出しておいたので、携帯トイレを使うこ
とはありませんでした。

 岳人の紹介記事はまだ見ていませんが、多分「ヒルがいる」のコーナ
ーじゃないでしょうか。これは記事にする価値があると思います。よかっ
たですね。全国メジャーになりましたね。
Commented by さなりん at 2009-08-18 01:13 x
ローソク岩の風景は、凄いですね!よく、このような形になったものだと自然の脅威を感じます。沓形コースの尾根道も険しそうですね。利尻島は利尻岳で出来ていると言ってもいいくらいの山ですね。さなりんは、こんな景色見たことないから感激です!



<< 遙かなる山-トムラウシ      日本最北の海上に浮かぶ秀峰-利... >>