山好き的日々@京都北山

kitayamawa.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 04月 05日

咲き出したハルリンドウ-御在所岳

 鈴鹿で最も有名な山は御在所岳だと思いますが、湯の山温泉からロープウェイで簡単に登れるので、これまであまり登山意欲の湧かなかった山でした。それでも、これまでにロープウェイを除くと、2回登ったことがあります。1回はまず鎌ヶ岳に登り、武平峠を経て御在所岳に至りました。もう1回は雨乞岳からコクイ谷に下り、上水晶谷から国見峠を経て御在所岳に登りました。つまり、最もポピュラーな湯の山温泉からの登山道はいずれも登っていませんでした。

 昨年9月の集中豪雨のため、御在所岳への登山道が壊滅的打撃を受けていたことは知っていましたが、実際には見たこともなかったので、今回湯の山温泉からのルートで御在所岳に登ってみようと思いました。ただ、どのルートが登山可能なのかよく分からなかったこともあり、少し変則的なルート設定をすることにしました。登山口は裏道登山道から入り、藤内小屋のところからまず腰越峠をめざします。ハライドにも立ち寄り、続いて尾根伝いに県境稜線をめざし、きのこ岩にも立ち寄り、県境稜線に出てからは、青岳、国見岳を経て御在所岳に至りました。

 御在所岳には、すでにハルリンドウの花が咲いていました。まだ、花の数も少なく、色も淡かったのですが、それでも例年はGW頃に見られるハルリンドウがもう咲き始めていることにびっくりました。
e0110500_15563528.jpg
 もう咲き始めたハルリンドウの花



 午前6時30分京都・丸太町を単独出発し、京都東ICから名神、新名神、東名阪と乗り継いで、四日市ICで下り、御在所岳の登山口になっている湯の山温泉をめざしました。今日の天気予報は「曇り後晴れ」ということなのですが、京都や滋賀側は早めに青空ものぞいていましたが、鈴鹿トンネルを抜けると雲がどんよりと立ちこめています。御在所岳山頂付近はまだ雲に覆われていて天気の回復が遅れているようです。まずめざすは、裏道登山口のある蒼滝トンネル手前の駐車地。ここにはすでに4台の車があり、駐められないので、50mほど戻ったところに駐車地(10台くらいのスペース)があり、ここに駐車して出発しました。
e0110500_15413889.jpg
 蒼滝トンネル手前の登山口にある駐車スペースは満車
e0110500_15421083.jpg
 「裏登山道入口 日向小屋・藤内小屋」と書かれています

 よく見ると、登山者の方へ「中道分岐より裏道登山口工事中のため通り抜けできません」あるいは「裏道登山道不通」と掲示されています。さらに、「裏道登山道(藤内小屋~国見峠)は登山道が埋没し、引き続き崩壊の危険があり」、「岳不動~国見尾根コースは崩壊して危険」と書かれています。裏登山道や国見尾根は歩けないの? しかし、藤内小屋から腰越峠までの情報は、歩く人が少ないのか、書かれていません。まあ、行けるところまで行ってみよう。
e0110500_15511734.jpg

e0110500_1551371.jpg


 登山口から北谷の右岸に沿った道があり、いくつかの鉄橋を越えて進むと、やがて北谷に下りてくることになります。思わず声を上げそうになるほど、谷は荒れていました。もちろん、昨年9月の集中豪雨のせいで、一体どこからやってきたのかと思うほどたくさんの巨岩が押し流されて谷を埋めていました。やがて見えてきた日向(ひなた)小屋も無残な姿を晒していました。
e0110500_22311958.jpg
 北谷は巨岩で埋まっていました(向こうに見えているのが日向小屋)
e0110500_223359.jpg
 無残な姿を晒す日向小屋

 日向小屋を過ぎても、巨岩で埋まった北谷が続いており、本来の登山道は左岸にあるのですが、谷中の巨石に赤ペンキで書かれた丸印に従って進みました。
e0110500_22352327.jpg

e0110500_223540100.jpg


 まもなく北谷の右岸に移ると、本来の登山道となり、すぐに中道分岐を通り過ぎました。このあたりから石段道の登りやすい途になってきました。
e0110500_22373282.jpg
 中道との分岐点
e0110500_2238271.jpg
 歩きやすい石段道が続いています

 やがて藤内小屋にやってきました。藤内小屋の周辺も集中豪雨の爪跡が荒々しく残っていました。大打撃を受けた藤内小屋も再建に向けての作業が急ピッチで行われていました。
e0110500_2240456.jpg
 藤内小屋の正面玄関
e0110500_22415419.jpg
 荒れた北谷
e0110500_22424524.jpg
 北谷を渡ったところから藤内小屋を振り返っています

 藤内小屋の右手にある北谷を渡ると、ここで右手にもう一つの谷(不動谷)が分岐しています。2つ目の不動ヶ谷を越えたところに小屋がありましたが、これは愛知県連の北谷小屋でした。ここからは、不動谷の右岸に沿って道が続いていました。赤ペンキの丸印が結構たくさんあるので、これに従って進むと、石塔が出てきました。
e0110500_22505888.jpg
 愛知岳連の北谷小屋(トイレがあります)
e0110500_22523565.jpg
 石塔が出てきました

 石塔があった場所から少し進むと、腰越峠に向かう道の分岐(左は岳不動・国見尾根、右は腰越峠・朝明渓谷)があります。ここで右手に進み、すぐに不動谷を渡ると、朝明バス停に向かう標識が立っています。樹林の中の階段を登ると尾根に出ると、ここに山岳寺跡の標識が立っていました。
e0110500_2313050.jpg
 国見尾根(岳不動)と腰越峠・朝明との分岐点
e0110500_2361412.jpg
 荒れた不動谷を渡ります
e0110500_2391711.jpg
 不動谷を渡ったところにある標識
e0110500_2395285.jpg
 山岳寺跡の標識

 山岳寺跡からは尾根伝いに歩くことになります。笹のある尾根道を進むと、国見岳(ヤシオ尾根)に向かう道(左)との分岐にきました。ここでは、腰越峠道は右にとり、踏み跡の薄い山腹のトラバース道になりました。若干登ったところでハライドの山頂が見える箇所があり、ここから下ると崩壊地を巻きながら下ります。
e0110500_23201613.jpg
 国見岳分岐の標識があります
e0110500_2320505.jpg
 ハライドの山頂が見えています

 崩壊地を巻くように下ると、まず一つ目の小さな谷(割谷)を越えます。続いて大きな荒れ谷(本谷)に出てきました。下りるところのテープとロープがあるので分かるのですが、谷を越えた後が不鮮明になっています。結果的には谷を登っていき、谷が細くなったところで右手の尾根に登ることになります。この登った尾根に標識がありました。
e0110500_2336181.jpg
 一つ目の小さな谷の割谷を越えます
e0110500_23363555.jpg
 二つ目の本谷は荒れています
e0110500_23371692.jpg
 尾根にある標識(朝明ヒュッテを示す)

 この尾根にある標識のところで迷いました。朝明ヒュッテの方向は右手に下っています。むしろ、そのまま尾根を直進すべきではないかと思いました。しかし、右手に下るのが正解でした。一旦右手にロープを伝いながら下り、谷を越えて登り返すことになります。これから腰越峠までの道にはかなり標識があるので、見落とさないように気をつけて進みました。
e0110500_23422621.jpg

e0110500_23425057.jpg

e0110500_2343452.jpg

e0110500_23432345.jpg

e0110500_23433662.jpg


 やがて尾根に出てきました。この尾根を右に少し行くと、ハライドが目の前に見えてきて、少し下ったところが腰越峠でした。
e0110500_2347014.jpg
 眼前にハライドが迫っています
e0110500_23473270.jpg
 遭難碑がありました
e0110500_23475936.jpg
 ここが腰越峠です
e0110500_23482341.jpg
 腰越峠のケルンにある銘板

 せっかくなので、ハライド(祓戸)の山頂まで往復することにしました。灌木を抜けるとザレ地があり、ここを5分あまり登るとハライド(908m)の山頂に着きました。まだ天候の回復が遅れており、釈迦ヶ岳は雲に隠れて全く見えません。御在所岳も雲の流れが早く、見えたり隠れたりしていました。でも風が強く、寒いこと寒いこと。5分少々で腰越峠まで戻りました。
e0110500_23542287.jpg
 ザレ地を登ります
e0110500_23544286.jpg
 ハライドの山頂から御在所岳を望む

 腰越峠に戻ると、県境尾根に向かって尾根を進むことになります。この尾根は初めはヤセ尾根の急登になっています。振り返ると樹間からハライドが見えています。やがて笹が出てくると、傾斜も緩やかになってきました。二次林の自然林の中を進むと、ヌタ場がありました。
e0110500_003659.jpg
 振り返ると樹間からハライドが見えています
e0110500_01899.jpg
 笹が出てくると傾斜も緩やかになります
e0110500_013638.jpg
 ヌタ場にやってきました
e0110500_021110.jpg
 ヌタ場の標識

 ヌタ場を過ぎると雰囲気のよい二次林の中を進みます。右手に入る分岐を少し行くと展望地に出ました。ここからきのこ岩が見えていました。
e0110500_041090.jpg
 展望地からきのこ岩を眺めています

 やがて県境尾根の手前できのこ岩へ分岐を示す標識があります。これに従って進むと、眺望が開けてきて、前方に大きな岩があり、その上にきのこ岩が鎮座していました。
e0110500_05564.jpg
 きのこ岩分岐の標識
e0110500_055997.jpg
 きのこ岩-右後方に釈迦ヶ岳
e0110500_081796.jpg
 別角度から撮ってみました
e0110500_09596.jpg
 きのこ岩の銘板
e0110500_073265.jpg
 雨乞岳-杉峠-イブネと並んでいます

 きのこ岩を後にして登山道に戻ると、すぐに根の平峠からやってくる県境稜線に出合いました。ここで左にとり笹道を登ると間もなく青岳に到着しました。ここには小さな空き地と大きな岩があり、これに登ると、国見尾根が眼前に見渡せました。天狗岩とゆるぎ岩と思われる奇岩が国見尾根に見えていました。ちょうど晴れてきたので、ここで昼食タイムとしました。
e0110500_21252936.jpg
 青岳の空き地と大岩
e0110500_21253734.jpg
 国見尾根を眺望しています
e0110500_21254391.jpg
 国見尾根にあるゆるぎ岩(左)と天狗岩(右)

 青岳から県境稜線を進むと、途中に2箇所のガレ場があり、眺望が開けています。青岳や釈迦ヶ岳の姿も見えています。深い溝道を登っていくと、岩の間を抜けてきて、やがて国見岳に着きました。ここにも大岩があり、この上に登ると、周囲の眺望が開けていました。
e0110500_21334468.jpg
 青岳(手前)と釈迦ヶ岳が見えています
e0110500_2134279.jpg
 国見尾根を眺めています
e0110500_21351993.jpg
 国見岳に着きました
e0110500_21352719.jpg
 国見岳から釈迦ヶ岳方面を眺望しています
e0110500_2136937.jpg
 雨乞岳からイブネの眺望です
e0110500_21384388.jpg
 御在所岳が目の前に見えています

 国見岳を後にして、県境稜線を下ると、すぐに国見尾根との分岐に着きました。ここでちょっと右に行くと石門があります。石門を潜ってまた元の稜線に戻りました。さらに進むと、展望の広がったザレ場に出て、岩の間を梯子で下り、再度ザレ場に出て、溝道を下ると、国見峠に出てきました。
e0110500_21431378.jpg
 国見尾根分岐にやってきました
e0110500_21434619.jpg
 国見尾根分岐からわずかに右に行くと石門がありました
e0110500_2144223.jpg
 ザレ場の岩の間を梯子で下ります
e0110500_2145383.jpg
 国見峠に出てきました-ここは8合目になっています

 国見峠からは左手に進み、小沢を渡り、よく歩かれた溝道を登っていくと、舗装された道に出てきました。ここが9合目になっています。目の前に御在所岳のスキー場のリフトが見えています。
e0110500_21564637.jpg
 手前に国見尾根、向こうに釈迦ヶ岳が見えています
e0110500_21574349.jpg
 9合目にやってきました
e0110500_21583384.jpg
 左にスキー場のゲレンデ、右にはイブネが見えています
e0110500_2159334.jpg
 御在所岳のスキー場

 舗装された道を下っていくと、ロープウェイの山頂駅から下ったところにあるレストラン「アゼリア」とカモシカセンターがあります。ここから遊歩道を通って御在所岳の三角点をめざしました。途中の右手の草むらにハルリンドウが10、20くらい咲いていました。ハルリンドウはGW頃と思っていましたが、すでにこの時期から咲き始めているのにちょっと驚きました。
e0110500_225994.jpg
 レストランの側にある展望台から鎌ヶ岳が正面に見えています
e0110500_2261555.jpg

e0110500_2262655.jpg

e0110500_2263767.jpg


 御在所岳の三角点は一等三角点で立派な石標です。鈴鹿の一等三角点はここだけだと思います。点の記を調べてみると、点名御在所山、標高1209.37m、埋標明治18年9月となっていました。さすがに一等三角点は古くに選定されているのです。三角点から少し進んで望湖台という岩台(1212m)に上がると、鎌ヶ岳、雨乞岳、イブネ、それから御池岳、藤原岳、竜ヶ岳、釈迦ヶ岳などが眺望できました。
e0110500_22154474.jpg
 立派な一等三角点です
e0110500_22161287.jpg
 鎌ヶ岳方面の眺望
e0110500_22163947.jpg
 雨乞岳からイブネ方面
e0110500_22171210.jpg
 御池岳から釈迦ヶ岳にかけての眺望

 さて、さっきの9合目まで戻り、中道の下山口に行きます。朝陽台広場の側にある富士見台からの眺望は抜群でした。
e0110500_2223445.jpg

e0110500_2224618.jpg
 富士見台から釈迦ヶ岳方面を眺望しています
e0110500_22243368.jpg
 湯の山温泉の町を見下ろしています
e0110500_22251474.jpg
 鎌ヶ岳とロープウェイ
e0110500_22261276.jpg
 中道登山道を下ります

 中道登山道を下るのは初めてですが、眺望がよいことにちょっとびっくりでした。左手には国見尾根と釈迦ヶ岳方面の山並みが見えています。午前に登ったハライドもはっきりと見えます。
e0110500_2228274.jpg
 国見尾根の天狗岩(左)とゆるぎ岩(右)
e0110500_2229691.jpg
 釈迦ヶ岳方面の眺望
e0110500_22292713.jpg
 ハライドが見えています
e0110500_22295032.jpg
 愛知岳連北谷小屋(左)と藤内小屋(右)が見えています
e0110500_2231369.jpg


 少し滑りやすい急坂を下り、鎖がある大きな岩壁(8合目)の横を通過していきます。いくつかの岩間を通り、展望のよい岩の上に出たりして、次第に下って行きます。
e0110500_22363230.jpg
 急坂を下ります
e0110500_2237086.jpg
 鎖のある大岩を通過します
e0110500_22372884.jpg
 振り返ると、大岩は8合目でした
e0110500_22375823.jpg
 鎌ヶ岳とロープウェイもよく見えます

 途中にはたくさんおもしろい奇岩が続々と出てきました。木の梯子を下って行くと、大きな岩壁にやってきました。ここが中道のキレットです。鎖を使ってキレットの岩を乗り越えて行きます。
e0110500_22404686.jpg

e0110500_2241471.jpg

e0110500_22383981.jpg
 木の梯子を下ります
e0110500_22411967.jpg
 キレットにやってきました
e0110500_2241441.jpg

e0110500_22415997.jpg
 キレット右横の岩壁
e0110500_22431031.jpg
 キレットを登ります
e0110500_22432986.jpg
 キレットの上が6合目です

 キレットを通過し、さらにどんどんと下って行くと、有名な地蔵岩にやってきました。こんな岩がよくぞ立ったいるものだと感心しながら、岩の周囲を回って、様々な角度から写真を撮ってみました。
e0110500_22471268.jpg
 有名な地蔵岩
e0110500_224729100.jpg

e0110500_22474267.jpg

e0110500_22482100.jpg

e0110500_22481668.jpg

e0110500_22483730.jpg

e0110500_22492275.jpg
 シルエットになっています

 さらに下ると、これまた有名な負われ石にやってきました。大きな岩が負ぶさるように重なっています。
e0110500_224983.jpg

e0110500_2249226.jpg


 ロープウェイの下を通過すると、やがて裏道分岐にやってきました。車を駐車しているところに戻るには、この分岐を左に折れ、さらに国道分岐を右に行くのが早道になります。案内に従って、どんどんと下って行くと、国道477号線(スカイライン)に出てきました。国道からはすぐに蒼滝トンネルを潜って、駐車地に戻ってきました。
e0110500_22531558.jpg
 裏道分岐の標識
e0110500_22534419.jpg
 続いてある国道分岐の標識
e0110500_22541750.jpg
 ようやく国道に降り立ちました。
e0110500_22564196.jpg
 この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである。(承認番号 平20業使 第438号)

<コースタイム>090404曇り後晴れ
820裏道登山口 830日向小屋 850藤内小屋900 920三岳寺跡分岐 1030腰越峠 1045ハライド1055 腰越峠 1155P1081 1205キノコ岩1220 1225青岳(昼食)1305 1325国見岳1335 1355国見峠 1430御在所岳1440 1525中道分岐 1545岩壁 1615キレット 1625地蔵岩 1650負われ石 1705裏道分岐 1725国道 1730駐車地


by kitayama-walk | 2009-04-05 23:38 | 鈴鹿山系 | Comments(10)
Commented by 三太夫 at 2009-04-16 21:08 x
 kitayama-walk さん、こんばんは。
 私も、ひょっとしたら咲いているかなとはかない希望をもっていたくらいで、あまり期待はしていなかったが、咲いていましたね。なんだか、 儲けものをした気分でした。
 お寺のほうへ行くと、タテヤマリンドウと表示板のある一角でタテヤマリンドウが群生していますよ。でも、私には、両者の区別が付けられません。
Commented by go_n_ta at 2009-04-16 23:35
マクロはすごい。
花粉まで写っていますね~
Commented by kitayama-walk at 2009-04-17 16:03 x
 三太夫さん、こんにちは。
 ハルリンドウ、見られて、お互いによかったですねぇ。小さいながらも、10や20くらいは咲いていましたね。ちょうど日も照っていたので咲いていたのでしょう。

 ハルリンドウは、ロゼット状の根生葉から抽苔し、高さは10cmほどになる。葉は5mm-1cmの披針形で、茎の先端に紫色の花をつける。花期は3-5月。花冠は長さ2-3cmの漏斗状で、朝、日光を受けると開花し、夕方に閉じる。近種のフデリンドウとよく似ているが、フデリンドウは根出葉が大変小さくロゼット状にならないことで区別できるとされています。

 タテヤマリンドウは、ハルリンドウの高山型の変種。北海道から中部地方以北の高山に分布する高山植物。花期は5-7月。全体は若干ハルリンドウより小さいと言われています。従って、あまり区別がつかないと思いますね。
Commented by 温泉玉子 at 2009-04-19 23:34 x
不思議な奇岩が多いですね。
荒れた沢沿いも上からみたら一層凄まじさが想像出来ます。

もうハルリンドウが咲いてるんですね、今度雨乞岳辺りで探してみます。
Commented by kitayama-walk at 2009-04-20 10:45 x
go_n_taさん、こんにちは。
 マクロレンズは、主として花を撮るために使っていますが、1:1倍での撮影ができるのがいいですね。ただ、AFのピントが合うまでの時間がかかりますね。もちろん、レンズによるのでしょうけれど。ちなみに使っているのはタムロンSP AF90 F/2.8です。
Commented by kiitayama-walk at 2009-04-20 10:49 x
 温泉玉子さん、こんにちは。
 御在所岳の奇岩は、ポスターなどにも使われていたので以前から知ってはいましたが、実際に見てみると結構驚きます。その大きさなどは写真ではよく分かりませんからね。

 昨年9月の集中豪雨の爪跡は当分の間(かなり長い時間)残ると思いますね。自然の力の驚異を感じるところです。

 ハルリンドウは、GW前後に鈴鹿でよく見かけますね。雨乞岳北尾根、イブネ、銚子ヶ口、水舟の池などですね。
Commented by ひとり部 at 2009-04-20 22:16 x
国見尾根のゆるぎ岩&天狗岩を望遠レンズで捉えると、まるで要塞のようですね。
見慣れたはずの地蔵岩や負ばれ石も、色んな角度から撮影されていて、かなり新鮮な印象を受けました。
石門には登られました?
あの上から眺める御在所岳は、なかなか優美な姿を見せてくれるので、結構お気に入りです。
Commented by kitayama-walk at 2009-04-22 10:16 x
 ひとり部さん、こんにちは。
 国見尾根の奇岩-天狗岩とゆるぎ岩はおもしろいですね。見る角度によって形が変わってきます。300㎜くらいの望遠レンズで撮ると結構見ることができますね。また、地蔵岩や負ばれ石も初めて近くで見ましたが、いろいろな角度からみたいと思い、すでに遅くなった時間帯でしたが、道草をして時間をかけて撮ってみました。撮った写真はまだまだたくさんあります。
 それから石門ですが、潜ってぐるりと回りましたが、その上には登りませんでした。あとからしまったなと思っているところです。次のチャンスには登ってみることにします。
Commented by 森のリカ at 2009-04-25 18:15 x
始めまして。
先日は、ご訪問いただいて、有り難う御座いました。とても綺麗な お写真をいっぱい見させて頂きました^^
ハルリンドウ 凄く綺麗です~~
そしてコースの豊富な事!!
いっぱい歩きたいので、色々と参考にさせていただこうと思います~~
タイジョウも気になりますが~お金岩も気になります。でも先ずは上高地!
鈴鹿は殆ど知らないので、山行きが広がっていきそうです。又、ご報告させて頂きますd(^(エ)^)ネ!  
Commented by kitayama-walk at 2009-04-26 17:56 x
 森のリカさん、こんにちは。
 最近、私も行動範囲を広げてきています。まだあまり行っていないのが、台高と大峰です。あと1か月で鈴鹿はヒルの季節に入るので撤退することになります。だから、台高や大峰に行く機会が増えると思います。手始めに4/19に明神平から薊岳に登ってきました。あと1か月もすれば緑の草原となり、ブナ林が輝く森になることでしょう。また行ってみたいと思います。


<< カタクリの花-京都岩倉・箕裏ヶ岳      フクジュソウの見納め山行-霊仙山 >>